最近株価や仮想通貨などの話題がよく耳に入りますが、何も知識がない状態で始めるのはリスクが高すぎてできないですよね。そんな方の為に今回は株について幅広い情報を簡潔にまとめてみました。この記事を読んだら株が始められるかもしれません。難しそうという先入観を捨てて、一度お試しください。

必ず知っておくべきIPO

株式投資を成功させるためには、IPO当選を果たすことが重要といえるでしょう。
そのスケジュールについては、証券取引所や証券会社のホームページやサイトでいつでも確認できます。
そもそも、IPOとは未上場企業が株式市場に参加することにより、多くの資金を調達しようというものです。

しかしながら、マーケットに出回る株式数には限りがあるため、当選する必要性があります。
ここまで注目される理由として、初値が大きく期待されるという点が挙げられます。
そのため、証券取引所などが発表する新規のスケジュールなどには注目しておくべきといえるのではないでしょうか。

具体的には、既に株主に発行されている株を売り出すか、新規に株式を発行して公募を募るかという方法があります。
このような取り組みについては、投資か投機かなどという意見も寄せられますが、それだけ注目度が高いということを物語っているのかもしれません。
魅力ある投資かどうかを判断するには、何よりも結果を見ることが重要です。
かつての結果を見た場合でも、未上場企業が新たに株式市場に誕生する場合には、その初値が大きく上昇する傾向が目立っています。

投資家の中には、常に未上場企業の動向に注目しているという人も多くいるほどです。
無論、株式投資をはじめて間もないという人やこれから株式投資をはじめようという人にもおすすめの投資ともいえるでしょう。
上場はしていないものの、これから上場予定があるなどの会社はチェックしておきたいものです。
この、既に株主が持つ株を売り出すか新規に株式を発行してマーケットで公募を募るかという戦略をすることで、その会社が資金調達を実現することができるという点では、IPOは重要な役割を担っているといえます。
ただ単に株式投資をして儲けるという観点からだけでなく、社会全体の活動を下支えしているという点でも株式投資の持つ意味は極めて大切といえるのかもしれません。

IPOに当選するコツとツボ

IPOに当選するコツとツボを知りたいという人も多いかもしれません。
確かに大幅に利益を出せる可能性がありますので、投資家にとっては気になるポイントといえるでしょう。
当選するために重要になるのが、主幹事証券となる証券会社をチェックすることです。
主幹事証券の証券会社には他の証券会社よりも圧倒的に多く割り当てられることになりますので、口座を持っていないという投資家は開設しておくことが必要です。
口座の開設の仕方は至って簡単です。

現在では、多くの証券会社がネット上だけで申し込みができます。
主幹事証券会社以外にも、複数の証券会社に割り当てられますので、証券口座は多めに持っておくと良いかもしれません。
基本的には証券口座を保有することでコストが発生することはありません。
チャンスを勝ち取るためとして、複数持つのも良いのではないでしょうか。

IPOをゲットするコツとツボとして、時間差を利用して申し込むという方法もあります。
この手法については、ベテラン投資家の間でも裏技として知られています。
ポイントは、各証券会社の抽選のタイミングが異なる点を利用するというものです。

特に注目すべきは、楽天証券やカブドットコム証券、松井証券などのネット証券などが遅れて抽選をすることです。
そのため、時間差を利用することで、その権利を手中におさめることができる可能性がアップします。
「面倒くさい」や「そこまでして」と思う人もいるかもしれませんが、そこまでしてでもIPOに当選することには意味があるのです。
通常の株式投資でもキャピタルゲインを望むことはできますが、新規上場株式においては、儲けを直ぐに出すことができる可能性が高まります。
投資家にとっては、願ってもないチャンスといえるでしょう。